地図は領土ではない

「一般意味論 (アルフレッド・コージブスキー)の世界」

NLPの開発に大きな影響を与えたとされているコージブスキー「一般意味論」。

そして、恐らくはどのNLPの団体でも解説される、NLPの前提の一つが

「地図は領土ではない」

というものでしょう。

私の場合、初めてこの文章を聞いた時には、その意味が全く分からなかったのですが、だんだん分かってくると、このフレーズは以下のようにも言い換えることが出来るかもしれません。

  • 料理のレシピは料理そのものではない
  • 楽譜は音楽そのものでない
  • メディアが報じるニュースは、事実の全てを伝えてはいない
  • 建物の設計図は出来上がった建物そのものではない

等です。

あるいは、逆に混乱してしまうかもしれませんが、上記の文章が伝えたい事は、

「言葉」と「実物・体験」とは異なる

ということです。

例えば、「たぬきそば」という単語は、実物としては何を示しているでしょうか?

同じ日本人であっても、地域により、全く異なるものを指し、具体的には、

  • 東京

    そばの上に天かすがのっかている。つゆは醤油ベース

  • 大阪

    そばの上に油揚げが乗っかっている。つゆはだしベース

というのが一般的だと予想されます。

また、「ベートーベン作曲の交響曲第○番」という曲は、ベートーベン自身はたった1つの譜面しか書いていませんが、世の中には、この同じ曲であっても、今日現在までに「××フィルハーモニー管弦楽団、指揮者△△」という様々なバージョンが実在しています。

あるいは、

「彼は嘘つきだ」

という短いフレーズにおいても、「嘘つき」の定義は人それぞれであり、場合により、ミス・コミュニケーションを引き起こす可能性があります。

このような場合、お互いの誤解を避けるには、最初に「嘘つき」の定義を明確にすることがベストでしょうが、そんなことを日常会話の中でいちいち行っていたら非効率であり、現実的ではありません。

そんな訳で、私たち人間は、ある程度の厳密性を無視して言葉を使っています。

そして、そこには、必然的に言葉の性質である、NLPのメタモデルでいうところの

  • 削除
  • 省略
  • 歪曲

が発生します。

従って、私達が言葉を使う限り、情報の削除・省略・歪曲が発生することは、避けられない道になります。

以上のことから、以下のような興味深い実験を行うことが出来るかもしれません。

「言葉が行動を支配する」

次のような実験です。

  「言葉が行動を制限する実験

というページを開きます。(新しいタブで開きます。終了したら開いたタブを閉じてください)

内容は指示に従って、表示される図形や文字の色を答える、という一見単純なモノですが、慣れてしまえば楽勝でしょうが、最初の1~2回はかなり難しいかもしれません。

人間は、通常、何かの行為をするにあたり、先ず、頭の中で「考え」ます。

すると、頭の中では何が起きるでしょうか?

なにはともあれ、いの一番は「考える」という行為であり、そして、この「考える」という行為には、よく自己観察すれば、言葉を使っていることが分かり、これをNLPでは「内的会話」と呼ばれています。

今回の実験で見られるように、言葉というものは、便利な存在である一方、場合によれば、人間の行動を制限する不便な面も持ち合わせているようです。

以上のような、言葉のある意味、面白い性質・機能について、学究的に難しく検討されたのが、

  • コージブスキーの「一般意味論」
  • ノーム・チョムスキーの「生成文法」

であり、NLPの開発においても大きな影響を及ぼしたと言われています。


【BGMに使えるピアノ曲・今週の一曲】

蛍の光/日本の歌(原曲はスコットランド民謡) (ピアノ solo)

コメントをどうぞ