マクドナルド創始者が使った自己催眠

レイ・クロックという人の名前をご存知でしょうか?

実は、彼は、世界的なファースト・フードチェーンである「マクドナルド」を創設した人なのです。

彼は、マクドナルドのビジネスには、52歳の時に着手し、それまではミルクセーキのミキサーのセールスマンだったようです。

ビジネスの推進には様々なストレスや困難があり、夜も眠れない時もあったでしょうが、彼の場合、自己催眠を用いて、熟睡し、4時間の睡眠時間でもバリバリ働けたようです。(彼の自伝より)

面白かったので、そこの部分をメモっておきました。

この時期、問題に押し潰されない方法を私は学んだ。
一度に一つのことしか悩まず、問題をズルズル引きずらない。

毎晩、眠りにつく前に、独自に開発した自己催眠を行った。
それについての本も読んだかもしれない。
とにかく自分なりにアレンジしたスタイルで、平穏な気持ちで眠りに就く方法を編み出したのだ。
これがなければ、翌朝、明るく新たな気持ちで接客することなどできなかっただろう。

まず、頭の中に黒板をイメージする。
緊急のメッセージで埋め尽くされているが、黒板消しを持った手が、それを端から消してきれいにしていく。
頭の中をこれで空っぽにした。
途中で雑念が生まれたら、大きくなる前に消し去った。

次に、身体をリラックスさせた。
首の後ろから下がっていき、背中、肩、腕、足、そして指先まで。
終わる頃には深い眠りに就いていた。
慣れるに従って、一連の手順を短時間でできるようになっていた。

私が一日12時間から14時間働いた後に、客の接待を夜中の2時や3時まで続け、翌朝早起きして客に会いに行くことに驚く人は多かったが、秘訣は、一分の無駄の無い、質の高い睡眠にあった。
4時間しか寝られない日もしょちゅうあったが、質の高い睡眠をとるよう心掛けた。

「成功はゴミ箱の中に レイ・クロック自伝―世界一、億万長者を生んだ男 マクドナルド創業者」
 レイ・クロック,ロバート・アンダーソン 著
 野崎 稚恵 (翻訳), 野地 秩嘉, 孫 正義, 柳井 正

また、上記の話で思い出したのが、多分知らない人はいないと思われる、「ケンタッキー・フライド・チキン」の創始者である、カーネル・サンダース氏。

彼は、65才まではどこにでもいそうな、ただのオッサンで、実際に自分の知っているフライド・チキンのレシピをビジネスにしようとゼロから着手したのは、その65才からだそうです。


【BGMに使えるピアノ曲・今週の一曲】

蛍の光/日本の歌(原曲はスコットランド民謡) (ピアノ solo)

コメントをどうぞ