なぜ、駅のプラットホームのアナウンスは男性の声と女性を声を使い分けるのか?

「聴覚のマスキング」

日常生活の中で、あまりにもありふれていて、言われるまでは気付かないかもしれませんが、駅のプラットホームに立っていると、上り線のアナウンスと、下り線のそれが、男性の声と女性の声と別々であることを思い出しませんか?

それには、ちゃんとした理由があるようです。

ここである実験をしてみます。

ここに声がある程度似た2人の男性がいます。(以下AさんとBさん)

そして、Aさんには、「むかしむかし、ある所に。。。」という物語を、Bさんには、「現在、ドル円の為替レートは。。。」という全く別の話を同時にしてもらいます。

ただし、ここで話し方の条件を加えます。

Aさんは、Bさんより、

 ・少し声を小さく

 ・声のトーンを少し高く

しゃべってもらいます。

さて、この2人の話を同時に録音し、再生した時、どのように聞こえるでしょうか?

  1. Aさんの声がよく聞き取れる
  2. Bさんの声がよく聞き取れる
  3. 2人の声とも両方聞き取れる
  4. 両方とも何を言っているのか聞き取れない

答え・・・「2.」

(「謎解き人間行動の不思議」講談社を参照)

人間の耳の構造から、2つの音の高さが同じ時、声の大きい方が、小さい声を聞こえなくする(マスキング)してしまう現象です。

ですから、話を最初に戻し、上り・下り両方のアナウンスを男性がやってしまうと、一方のアナウンスが聞こえなくなってしまうケースが起きることが予想されます。

それとは、逆に、パーティーやデパートのような騒々しい状況の中でも、自分の名前が呼ばれるとハッキリと認識できる現象を「カクテルパーティー効果」と呼ばれているようです。


【BGMに使えるピアノ曲・今週の一曲】

世界の約束(アニメ「ハウルの動く城」テーマソング) / 倍賞千恵子 (ピアノ solo)

コメントをどうぞ