プロサッカーにみる、日本と欧米の試合時での心理の違い

誰でも知っている、スポーツであるサッカー。

プロの試合の場合、日本と欧米のチームを比較すると、興味ある点があるそうです。

サッカーの試合において、シュートを打つことは、そのチャンスを作ってくれたチーム全員の努力を背負ことになります。

ここで、「責任」を負うことに対する違いが出てきます。

日本人は、集団主義が強く、一人で責任を負うことは不慣れなので、ゴールが決まる確率が最大限の場合で無い限り、シュートを打たないそうです。

もし、シュートを外したら、ここまで体制を作ってくれたチームに迷惑がかかる、その責任を回避するという心理が働き、シュートでゴールが決まる確率が高くない場合、自分ではシュートは打たないで、別の味方にパスを出してしまう。

パスをもらった選手もこれまたリスクを回避するために、別の味方にパスを出す。

そうしているうちに、ボールは敵方に取られてしまうことになる。

試合をTVなどで観ていると「どうして、あそこでシュートを打たなかったんだ~!」という場面がよくありますが、その時の選手の心ではそういう心理が働いているようです。

逆に、欧米選手の場合は、「少しのチャンスでも見逃さずにトライするのは、価値のあることだ」と考えているので、たとえ失敗しようとも果敢にシュートを打ってくる。

たとえ、結果が失敗でも、拍手こそすれ、非難などしない社会文化的な背景があるとしています。

まさに、社会から刷り込まれた、(良い意味での)ビリーフの例でしょう。


【BGMに使えるピアノ曲・今週の一曲】

マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン(映画「タイタニック」主題曲)/セリーヌ・ディオン (ピアノ solo)

コメントをどうぞ