経済心理学 一覧

NO IMAGE

人間の行動は “常に合理的である” とは限らない

今年 2017年のノーベル経済学賞の受賞は、アメリカ シカゴ大学のリチャード・セイラー教授に決まりました。 "行動経済学" という言葉...

記事を読む

NO IMAGE

「みんなの意見」は案外正しい

人が何かの判断をする際、「十分なデータ」とか「完璧なデータ」を得られる事は現実的には非常に稀であり、「極めて不完全なデータ」を基にして判断し...

記事を読む

NO IMAGE

NLP的思考法:第三の選択肢は常に存在していると心に留めておく

学校の理科の実験室で2人の生徒が言い争っている。 一人の生徒は窓を開けたいし、もう一方の生徒は窓を閉めたい、ということらしい。 ...

記事を読む

NO IMAGE

催眠療法と経済学:自己成就的予言で株価上昇

「自己成就的予言」とは、自分が信じている事柄(信念)に対して、それが当てはまるように無意識のうちに行動をし、結果的にその予言が現実になってし...

記事を読む

NO IMAGE

行動経済学:意思決定における相対性のワナ

人間の下す判断が必ずしも「合理的でない」ことをことを元に経済学を展開する、「行動経済学」。 その行動経済学の解説本として笑える内容の、「予...

記事を読む

NO IMAGE

3億円が直後は幸せだけど

心理ネタには事欠かない「行動経済学」。 元々はダニエル・カールマンとバーノン・スミスが確立した心理学の一分野。 ノーベル経済学賞(正式に...

記事を読む

NO IMAGE

心理学から見たキューバ侵攻

「集団思考」のトラップ 歴史の教科書にも載っている(←多分)、アメリカと旧ソビエトとの冷戦化を決定的にした、キューバのカストロ政権を倒す...

記事を読む

NO IMAGE

コンコルドの錯誤 (3)

今まで出した質問は架空のものであったが、この種のトリックにはまって壊滅的な被害を出した現実社会で起こったのが、「コンコルド計画」です。 フ...

記事を読む

NO IMAGE

コンコルドの錯誤 (2)

ここに2つの質問があります。 この質問は心理学者のハル・アークスとキャサリン・ブリューマーの理論が生まれるもととなった実験だそうです。 ...

記事を読む

NO IMAGE

コンコルドの錯誤 (1)

「過去とはもう済んでしまったことである」 ここで、次のような質問があります。 ある人が数人の友人たちと、リゾート施設の予約をしました。 ...

記事を読む

スポンサーリンク
[スポンサーリンク]
[スポンサーリンク]