ガンと心理療法 一覧

NO IMAGE

がん治療への心理学的アプローチ (2)

「自分の知らない(理解できない)疾患が原因で死ぬことはない」 サイモントン療法の開発者の一人である、(当時の)テキサス大学医療科学センター...

記事を読む

NO IMAGE

がん治療への心理学的アプローチ (1)

「サイモントン療法の一例」 アメリカの64才になるとある男性は、致命的な咽頭ガンと診断され、医師からは生存の確率は5%にも満たないであろ...

記事を読む

NO IMAGE

イメージの力で脳腫瘍を完治

最初、この話をネットで知った時には、登場人物の名前などが不明であったので、単なる心理療法に関するフィクションだと思っていたのですが、別の資料...

記事を読む

NO IMAGE

気分の持ちようでガンが治った症例 (4)

ガンの治療に関する心理学的な面からのアプローチは殆ど耳にすることはありませんが、今回の症例は結構有名なようで、物語に登場する幻のガン治療薬(...

記事を読む

NO IMAGE

気分の持ちようでガンが治った症例 (3)

ガンの治療に関する心理学的な面からのアプローチは殆ど耳にすることはありませんが、今回の症例は結構有名なようで、物語に登場する幻のガン治療薬(...

記事を読む

NO IMAGE

気分の持ちようでガンが治った症例 (2)

ガンの治療に関する心理学的な面からのアプローチは殆ど耳にすることはありませんが、今回の症例は結構有名なようで、物語に登場する幻のガン治療薬(...

記事を読む

NO IMAGE

気分の持ちようでガンが治った症例 (1)

ガンの治療に関する心理学的な面からのアプローチは殆ど耳にすることはありませんが、今回の症例は結構有名なようで、物語に登場する幻のガン治療薬(...

記事を読む

NO IMAGE

「雨の日は憂鬱だ」には科学的根拠があるか?

よく、「朝起きたら、雨が降っているのを見て、憂鬱な気分になった。」という表現がありますが、これには、一部には科学的根拠があるのかも知れません...

記事を読む

NO IMAGE

免疫の力でガンが完治

アメリカ国立がん研究所のS.ローゼンバーグ博士は、自分の著書である「ガンの神秘の扉を開く」(文芸春秋刊)の中で次のようなガンの自然治癒の症例...

記事を読む

NO IMAGE

サイモントン博士の言葉

サイモントン博士は、元放射線治療でガンの治療を行っていたが、術後の患者の予後が思ったほどよくないことから、イメージ療法等を取り入れた心理療法...

記事を読む

スポンサーリンク
[スポンサーリンク]
[スポンサーリンク]
1 2