エリクソン催眠におけるTips

引き出しの中を整理していたら、以前というより、相当昔に参加したエリクソン催眠のワークショップのノートが出てきたので、懐かしい意味も込めて、順不同にTipsのまとめ。

  • メタファーの作り方

    私の場合、メタファーを作る際には、古典催眠の暗示文の際にも使いますが、殆どの場合、「家」を使います。

    講師が西欧の方だったので、文化人類学的な差異があるかもしれませんが、家をメタファーに使うことにより、

    • 地下室・・・無意識を示す
    • 屋根裏部屋・・・人生の過去、古いモノを示す
    • 勉強部屋・本棚・・・知識を示す

    と無意識は理解するようです。

    付け加えると、

    • クライアントが抱えている問題を「家」で表現するとすれば、どのようになるか考えてみる。
    • そして、場合により、一軒の家ではなく、隣の家との関連の可能性があるか考慮してみる。

    日本と西洋では家の構造が異なり、地下室とか屋根裏部屋などは、日本の住宅事情ではほとんどないでしょうから、例えば、

    • 屋根裏部屋 → 物置・押入れ
    • 地下室 → 開かずの部屋

    といった具合になるかもしれません。

  • エリクソン催眠のペーシングは、クライアントにとっての「絶対的な事実」から始めますが、そのペーシングのステートメントの中に、既に暗示を埋め込むのも一法。
  • 非言語レベルのペーシングの例

    クライアントの呼吸に合わせて、声のトーン・速さを変える

      ↓

    催眠状態・リラックス状態になると呼吸がユックリになるので、それに合わせて、声を低くしたり、話す速度を遅くする

    クライアントの「瞬き」に合わせて、例えば、机の上を指でこつこつと叩く。(間接的ペーシング)

  • 人間は古いやり方にしがみついてしまったり、使いつづけたりしてしまう

      ↓

    そのような状態になっている、肯定的な理由をクライアントに3つ挙げてもらう

      ↓

    問題の解決には、「AかBか」の二択ではなく、それ以上の選択肢があることを無意識に暗示する

  • エリクソン催眠のカウンティングは明確な形では行わない。
    ストーリーの中に埋め込む形でカウンティングする。

    代表的古典催眠の場合、

    「今から私が1~5の数を数えると・・・。それでは、1・・・、2・・・、3・・・」

    エリクソン催眠の場合

    「通勤電車の最初の停車駅に着くと・・・、次の駅につくと・・・、さらに次の駅では・・・」

  • クライアントに暗示を埋め込む場合、
    • 主語が誰か特定できる場合 → 結論はあやふやにする
    • 主語が特定できない、あるいは、主語がない場合 → 結論は明確に

    理由は

    • 主語が誰か特定できて、結論が明確だと、クライアントの抵抗が生じる
    • 主語が不特定だと、無意識は結論の内容を自分のことと理解する

      (例)

      You may be able to ~ :あなたは~出来るかもしれない

      It is possible to ~ :~は可能だ

      People can discover ~ :人々は~を発見できる

      Someone could realize ~ :誰かが~を発見できる

  • 講師の方が昔、とある軍隊の要請で「聞くだけで自信が溢れ出るCD」の作成を依頼されたようです。

    実際、講習の会場でも実物が販売されていたので本当の事でしょう。

    ただし、中身は英語です。

    興味深いことに、このCDを聞くと、「自信」という言葉が一切でてきません(との事です)。
    その代わり、森の中を延々と歩き続けるストーリーが語られているのです。

    でも、CDを聞き終わると、不思議なことに何故か「自信が出る」のです。

    そのカラクリを講師の人が解説してくれました。

    それは、ストーリーの最後に語られる

    In some ways considering deeper sense of confidence,
    (ある意味、より深い自信を感じながら)

    It really might be nice to consider the lives of trees.
    (木々の生命について考えることは素敵なことだ)

    というステートメントです。

    このステートメントの機能としては、それまで、延々と森の中を歩いた後で、

    • ‘It really might be ~’ と主語がない文章となっている
    • ‘considering’ と ‘to consider’ が韻を踏んでおり、「木」と「自信」を等価にというかイコールにしている
    • 現代催眠特有のテクニックにもある、関係のない2つの内容が、強引な形で順接した形式で表現されている

    といったところでしょうか?

    従って、どんなに英語が得意であろうとも、母国語が日本語の人には、このCDは効果がないと考えられます。

スポンサーリンク
[スポンサーリンク]
[スポンサーリンク]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
[スポンサーリンク]

コメントをどうぞ