獅子搏兎:ヤーキーズ・ドットソンの法則

「獅子搏兎(ししはくと)」

獅子(ライオン)は、兎のような弱い動物を捕まえるのにも全力を尽くす。

簡単と思えることにも、油断することなく、全力を尽くして行なうべきであるということ。

(陸九淵『象山先生全集』)

よく、大人数の前でスピーチをしたりする場合、緊張しまくり、果たしてうまく出来るのだろうか?という不安に駆られることがあるかもしれません。

しかし、「ヤーキーズ・ドットソンの法則(Yerkes-Dodson’s law)」を知っていれば、意識の上では緊張している様々な体感覚に気付きますが、逆説的に、このスピーチは

「うまくいく可能性が非常に高い」

「自分にとってベストの成果を残す」

という結果が予想されます。

この現象は、ヤーキーズさんと、ドットソンさんが発見した心理学的な現象で、

「人は適度なストレス・緊張のもとで、もっとも高いパフォーマンスを発揮する」

「難易度が高いことほどリラックスして望んだ方が良いパフォーマンスが得らる」

「簡単なことほど緊張感を持って取り組んだ方が良いパフォーマンスが得られる」

というものです。

逆にいうと、全く緊張感がなく、完全にリラックスした状態では、例えば、十分に練習を積んだ野球選手であればある程、つまらない凡ゴロをエラーしてしまったりする可能性が高いでしょう。

あるいは、チーム戦において、ポっと出のAチームと、百戦錬磨のBチームが対戦した場合、

Aチーム

 ↓

当然のことながら、試合開始前から緊張状態の連続
ただし、試合が進むにつれ、段々と試合の雰囲気に馴れてくる。

Bチーム

 ↓

Aチームのことを舐めきっていて、当然、自分たちが勝つと思っており、終始リラックスモード

このような場合、Bチームが実力も上なので、当然のことながら、Bチームが勝つ確率は高いですが、もしかしたら、大番狂わせでAチームが勝つ可能性もあながち否定することは出来ないでしょう。

以上のことから、最初に述べたスピーチの場合でも、絶対に毛ほどのミスも許されない、滅茶苦茶プレッシャーが掛かっているのでのであれば、何かしらリラックスを得られるおまじない(暗示)を用意しておいた方が得策でしょう。

このような場合、十中八九、呼吸が浅くなっているはずなので、オールマイティーな方法として、先ずは「深呼吸」がファーストチョイスとなるでしょう。

あるいは、多くのアスリート達が実践しているように、ウォークマン等でリラクゼーションの音楽や暗示文を聞くのも一法かもしれません。

また、NLPの知識があれば、アンカリングやエクセレントサークル等のステートコントロールのスキルを満ちつけておけば、きっと役に立つことでしょう。

スポンサーリンク
[スポンサーリンク]
[スポンサーリンク]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
[スポンサーリンク]

コメントをどうぞ