タイガー・ウッズのメンタル・トレーニング (5)

「メンタル面のパフォーマカスには儀式が重要」

近くの図書館で、プロ・ゴルファーで有名なタイガー・ウッズの本を借りて読んでみたら、興味あることが、イロイロ紹介されていました。

ゴルフの本であるにも関わらず、心理学的にも興味ある記述も多々あり、私的には非常に面白い書籍です。

これは、タイガー自身の話ではないのですが、本書に紹介されているプロ・ゴルファー、ベン・ホーガンの話です。

ホーガンは、トーナメント会場に入る際、時間には十分な余裕を持って到着し、その際、車の運転も通常よりゆっくりとさせてしたそうです。

会場に到着後もコースに入ってからも、例えば、靴紐を結ぶ動作などは、あたかも「カタツムリ」の動きのように、あえてユックリと行いました。

このように、試合の準備段階で、全ての動作をゆったりと行うことにより、自分の気持ちも静まり、リラックス出来、かつ集中力を高めていきます。

この動作を毎試合、「儀式」のように、必ず行ったそうです。

また、試合時の服装も意識していて、ホーガンは、派手な色は避け、流行は追わず、コンサバな色のコットン・シャツを身につけていました。

ズボンもなおざりにせず、きちんとプレスのきかせて完璧に仕立てられていました。

シューズは新しいピカピカの黒か白のか革靴で、白いハンティング帽子を被った装いで、自分自身の自信を高めていったようです。

タイガー自身もこれをマネして、特に、トーナメント最終日には、赤と黒のウェアを身につけるのは、よく知られているようです。

試合前のこのような一連の動作を「儀式化」することにより、それがアンカーとなって、毎試合、一定以上のパフォーマンスを発揮できるのでしょう。

あるいは、もっと俗っぽく表現すれば、世間で言われる「ジンクス」というのも(試合時に○○すれば、試合に勝つ)、アンカリングの一種といえるでしょう。

ここで、思い出されるのが、大リーグで活躍中のイチロー選手です。

イチロー選手がバッターボックスに入って、打撃のポーズを構えるまで、必ず判で押したように一連の同じ動作することは有名ですが、このように心理的には集中している一方で、リラックスする状態を作り出せるかどうかが、プロの場で活躍できるかどうかのキーポイントの1つなのでしょう。

逆に言うと、学校の部活などで、「もっとキビキビと動け」「モタモタするな」という指示は愚の骨頂かもしれません。

このような視点で考えると、プロのアスリートの動作には、ある意味での無駄がなく、全ての動作には意味があると予想できます。

そして、その意味は、個人個人で異なり、一種の「企業秘密」なのかもしれません。

NLPなどをやっていると、クライアントの無意識の動作の観察力が重要になるので、プロのアスリートの1つ1つの動作についても、つい、「これは何を意味しているのだろう」というフレームで見てしまいます。

一種の職業病みたいなものですネ。

スポンサーリンク
[スポンサーリンク]
[スポンサーリンク]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
[スポンサーリンク]

コメントをどうぞ