NLP:メタモデル的な視点で雑誌記事等を読む

私もいい大人なんで、結構、ビジネス関連の書籍やオンラインの記事は目を通しています。

そんなある日、とある記事を読んで爆笑してしまいました。

内容はいたって真面目な内容です。

「若者にワークライフバランスなんていらない」

  → http://toyokeizai.net/articles/-/12808?page=5

内容の是非はここでは、脇においておくとして。

よく記事を見てみると、「抽象的な名詞」のオンパレードです。

意識せずに読むと、「フ~ン」「なるほどね~」といったところでしょうが、NLPのスキルの1つである、メタモデル的な視点で読むと、正直、私には何を言っているのか、あるいは、何を言いたいのかサッパリ分かりません。

もしかしたら、この記事を書いている記者、あるいは、対談者も何を言いたいのか、自分でも明確ではないかもしれません。

マニアックな私としては、この場にいたら、メタモデル的な「質問」で、ツッコミたいところです。

例えば、「グローバルエリートって具体的にはどんな人たちなのですか?」
(あとは、・・・で、結局どうしたいの?。・・・で、一言で言うと?)

あるいは、ここ数年、多くの媒体で用いられている、「グローバル」「グローバリゼーション」「グローバル化」という名詞は、具体的には、どういった「行動」「行為」を示すのでしょうか?

これは、私自身が心がけていることですが、こういった記事を読む時には、

 ・客観的な(もしくは、とされている)「事実」

 ・その人の、事実に対する「解釈」

を意識するようにしています。

逆に、こういった「抽象名詞」を多用するのが、NLPのミルトン・モデル or エリクソン催眠にあたるかもしれません。

また、ありがちなパターンとして、歴史上の偉人の言葉を引き出し、「あの有名な○○が・・・と言っているから、・・・だ」というのも要注意でしょう。
(等価の複合概念。それは本当に因果関係があるのか?)

これも一種のエリクソン催眠といえるかもしれません。

「あの有名な○○が・・・と言った」という「事実」

「・・・だ(である)」という伝えたい内容

を、「・・・だから~」等の順接の接続詞で述べています。

エリクソン催眠は難しいと言われていますが、私たちが日常行うコミュニケーションの中に、意外と顔を出しているかもしれません。

そして、こういった表現をしょっちゅう聞いたり読んだりする度に、いい大人になってからも、自分自身に対する制限を溜め込んでしまう、とも考えられます。

スポンサーリンク
[スポンサーリンク]
[スポンサーリンク]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
[スポンサーリンク]

コメントをどうぞ