無意識の使い方のコツ

あのニュートンもヒラメイた。

あのアルキメデスもヒラメイた。

そして、今まで人類で知られなかった新しい原理原則を発見したのです。

そして、その功績は、その人のみならず、その人の脳(特に無意識)のなせる技でしょう。

では、彼らは特別優秀な脳を持っていて、我々凡人には足元にも及ばないのでしょうか?

上記の偉人たちは、知らず知らずのうちに、無意識の脳の使い方をしていたようです。

ですから、その脳の使い方のコツさえ掴めば、

  • 何日も考えた後、突然、ヒラメキかせ降りてきた
  • 長い間、悩み続け、もうダメだ、と思った時、思わず気付きあり、その悩みが解消した

ということも可能性大かも知れません。

その無意識の使い方のコツとは。。。

  1. とにかく問題を解決する為にはそれに関する情報が必要です。

    出来る限り、その問題に関する情報を集めましょう。

    本・雑誌等、インターネット何でもいいです。

    無意識のデータベースは精読しなくても、見ただけで、情報を格納・処理します。

  2. さらに、新しいアイデアについて2~3週間考え続けること。
  3. 最後のステージは、その問題について考えるのをやめて、リラックスすること。
    (問題そのものを忘れちゃってもいいかもしれません)

    意識的には、こうすることにより問題は、はるか彼方に行っていまいますが、その問題の解決策については、その後も超高性能コンピュータである脳の無意識部分が黙々と解を求め続けています。

アルキメデスがお風呂に入っている時、王様から与えられた問題を解決する「比重の法則」を「ユリーカ!!」という言葉とともに発見したのはご存知の通りでしょう。

あるいは、あなたも、ある日、ネットをタラタラ見てたら、たまたまクリックしたそのサイトに、問題を解決するヒントが書かれていた、という経験がありませんか?

スポンサーリンク
[スポンサーリンク]
[スポンサーリンク]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
[スポンサーリンク]

コメントをどうぞ