人は認められる・周囲の注目を意識するとパフォーマンスが上がる?

「ホーソン効果」

1900年代の初頭、米国シカゴにある電気会社のホーソン工場で行われた実験で確認された現象。

もともとは、工場内の作業ラインにおける照明の明るさが、従業員の作業効率にどう影響するのかを調べる実験でした。

従業員の中から無作為にAグループとBグループに分け、Aグループは明るい照明、Bグループは暗い照明の中で製品の組み立てを行ってもらった。

その結果は、以下のどれでしょうか?

  1. Aグループの方が作業効率が上がった
  2. Bグループの方が作業効率が上がった
  3. A,Bグループ共に作業効率は下がった
  4. A,B両グループとも作業効率が上がった

結果・・・「4.」

最初に意図したものとは異なる見方の結果が得られたことから、実験を行った研究者は、実験に参加した作業者達は、「自分は実験に参加することを指名された特別な存在なのだ」という意識が生まれ、作業条件の差である、照明の明暗に関係なく、普段の作業よりもパフォーマンスが上がったのではないかと推測しました。

従来の(そして今でも)会社の経営は、ある意味、科学的・機械的な手法に根ざしているとも言えますが、単に職場の物理的環境を整えるのではなく、そこに働く個々の従業員の心理的な側面が、会社としてのパフォーマンスを向上させるという説に用いられる有名な実験のようです。

ただし、現在のところ、その後の「ホーソン効果」についての詳しい研究は進んでおらず、仮説のままとなっているようです。

コメントをどうぞ