NLPコーチング:クライアントのパワーを与える質問

日常生活、あるいは、一般的な考え方だと、「質問」というと何か相手に対する「宿題」とか「課題」というイメージがありますが、NLPにおける「質問」は、質問に答えるプロセスによって、相手にパワーを与えることを念頭におきます。

例えば、ここに、3つの質問があります。

  1. 「もしも、あなたがこのゴールを得たら、何が得られますか?」
  2. 「あなたがこのゴールを得た時、何が得られますか?」
  3. 「あなたがこのゴールを得た時、あなたにはどんな意味がありますか?」

どれが適切な質問でしょうか?

一番目の質問の場合、文章中に「もしも」という単語が含まれています。

この場合、相手に対して、「ゴールが得られない可能性がある」という前提を与えてしまいます。

また、三番目の質問の場合、「意味」という単語が含まれています。

「意味」という言葉は、非常に漠然とした名詞である上に、この質問に答えるためには、「意味があるものでなければならない」というように、クライアントの選択肢を狭めてしまう可能性があるでしょう。

最終的には、二番目の質問がベストということになるでしょう。

これは、質問を考える上での日本語の問題ですが、NLP自体が英語圏で研究・発達し、その内容が、ほぼ直訳に近い形で日本語訳されて紹介されているので、NLPをある程度知っている人にはいいのですが、全く予備知識がない相手に対しては、NLP的な質問が奇異に感じる日本語の場合があります。
(私も最初の頃はそうでした)

例えば、上記の質問の場合、

「あなたがこのゴールを得た時、何が得られますか?」

に対して、現実問題、この質問自体の日本語がこなれた日本語らしくなく、答えに窮する場合があるかもしれません。
(私自身も、質問によっては、「ハァ~?」という場合が多々あります。)

もし、相手がキョトンとした表情していたら、「例えば、”安心”とか、”信用”とか、”人脈”とか。。。」と、選択肢の助け舟を出してもいいんじゃないかと思います。

話がチョットずれましたが、「パワフルな質問」とは

  1. 的確でパワフルな前提が含まれている
  2. クライアントの思考の幅を狭めない、あるいは広げる

という要素が含まれている必要があるでしょう。

通常のコーチングに加えて、さらに、NLPのスキルを意図的に使うことにより、クライアントが望む結果をより得やすくなるようにサポートできます。

スポンサーリンク
[スポンサーリンク]
[スポンサーリンク]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
[スポンサーリンク]

コメントをどうぞ