呼吸で感情や思考をコントロールする (3)

腹式呼吸の絶大な効果

高性能のバイオフィードバック装置を使った経験のある人は殆どいないでしょうから、次のような簡単に実施できるエクササイズを試してみてください。

仰向けになって、お腹の上に小さな本を一冊載せます。

息を吸い込む時、本が上に上がるようにしてください。

息を吐き出す時は、本が下にさがるようにします。

体内の呼吸にかけるエネルギーを低下させると、気分がさらにほぐれて、自分自身をコントロールできるようになります。

この呼吸法を利用すれば、集中力が高まり、感情をコントロールできるようになります。

簡単ですし、これを応用すれば、睡眠の改善や不安の軽減といった効果が表れるでしょう。

呼吸に関するコツをもう一つ紹介します。

不安や怒りや緊張を感じている時は必ず、まず息を深く吸い込んでから、4~5秒ほど息をとめ、それからゆっくりと、7~8秒かけて吐き出します。

次にもう1回できるだけ深く息を吸い込んでから4~5秒ほど息を止め、再びゆくりと吐き出します。

これを10回ほど行えば、少し眠くなるとまではいいませんが、気分はすっかりほぐれるでしょう。

この呼吸法が実際に、どんなに効果的であるか示す例を紹介しましょう。

23才のある男性は、不安と癇癪の症状を訴えて、クリニックを訪れてきました。

彼を初めて診察した時、彼は早口でしゃべり、呼吸が浅く、しかも回数が多いことに気が付きました。

彼へのアドバイスの1つは、呼吸バイオフィードバックを3回受ける、というものでした。

彼は、このような呼吸法が非常に簡単で、短時間のうちに気分がほぐれる事に驚いていました。

彼は不安が軽減し、感情をコントロールできるようになっていることに気付きました。

スポンサーリンク
[スポンサーリンク]
[スポンサーリンク]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
[スポンサーリンク]

コメントをどうぞ