無意識からのメッセージを知る

無意識のエリアに安全にアクセスする方法としては、通常、催眠がありますが、これには特別な訓練を必要としますし、費用もそれなりに掛かります。

そんな場合に、お手軽に無意識からのメッセージを知る方法として「オーリング・テスト」があります。

まず、オーリング・テストをご存じない方のために簡単に紹介しますと、

親指と人差し指をくっつけて、輪(Oリング)をつくります。

別の人が、それを離そうとするときの力加減を見て判定するものです。

質問に対する答えがYESで、あれば、輪が開きません。

その逆に、NOであれば、輪が開いてしまいます。

「そんなバカな!!」と思うかもしれませんが、実際に私も体験しましたが、質問に対する答えがノーである場合には、本当にアッサリと親指と人差し指が離れてしまいます。

ただし、この方法の弱点として

・二人一組になって実施する必要がある

・質問の形式が「Yes」or「No」で答えられる必要がある

という2点が挙げられるでしょう。

また、このテストの応用編として、ある物が自分にとって健康で安全なものかどうか判別する時に使うことができます。

その判別する対象を片方の指で指し、もう一方の手でオーリングを作った場合、それが健康で安全な物だと、なかなか輪が開かなくなり、逆に害のあるものだと不思議なことに、輪が簡単に開いてしまうのです。

このようにオーリング・テストは実際に行ってみると、とても簡単に、良いもの(力が入る)、悪い物(力がぬける)の鑑別が簡単に出来、実際の物ががなくても写真や印刷物による判定も可能です。たとえば、『タバコ』と書かれた紙で実験しても同じ結果が得られるのです。

また、手を身体の胃や肝臓などの各部分に当ててみて、その健康状態をも確認することもできるのです。

スポンサーリンク
[スポンサーリンク]
[スポンサーリンク]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
[スポンサーリンク]

コメントをどうぞ